学校法人タイケン学園日本ペット&アニマル専門学校

オープンキャンパス
資料請求
ホーム > コース紹介 > 水族館・ドルフィントレーナー科
  • WEBパンフレット
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • カットモデル募集!
  • line instagram twetter facebook
水族館・ドルフィントレーナー科
イルカやクジラをはじめとする哺乳類から、魚類、プランクトンなどの生物まで焦点を当て、海洋生物全般の知識を習得します。さらに、水槽レイアウト、海獣類のトレーニング、生物の飼育法など水族館の運営に関する多様な技術も習得し、水族館などの海洋分野の未来に貢献できるプロを育成します。
目指す仕事
  • 水族館飼育員
  • ドルフィントレーナー
  • アクアショップスタッフ
  • 水槽機器メーカー
  • 水槽レンタル会社
  • 飼料メーカー
  • ドルフィンウォッチングガイド
  • ホエールウォッチングガイド
  • ダイビングインストラクター
  • 水産試験場
  • 水産養殖業
  • 環境調査会社
  • マリンスポーツインストラクター
  • その他
専門講師陣による授業カリキュラム

水族館やアクアショップで働いてる講師陣による講義で最先端の知識を習得します。また、近年は幅広い知識を持つことを求められているため、水生生物だけでなく小動物や両生類などの生物に関する知識の習得から、水中パフォーマンスや水中作業などで必要となるスイムトレーニングを行います。

多種多様な生物を飼育する実習室

水生生物を飼育する上で必要となる技術を身につけるため、様々な飼育システムやたくさんの種類を飼育して学びます。あわせて、実習室の水槽を使い、水族館での展示方法の検討や、アクアショップでの販売に繋げるポップ作成などを行います。また、水槽内のレイアウトの基本を学び、様々な展示手法に対応できるような実習を行います。

身になる実習が豊富

磯の観察実習やスクーバダイビング実習など実際の海での実習を多く行い知識を身に付けます。産官学合同プロジェクトのボランティアスタッフなどで様々な企画を経験して知識や技術を習得します。

伊豆三津シーパラダイスでの研修では海獣チームでは調餌、給餌のお手伝いや掃除など、ショーチームではショーの準備や方付け、ショーの音響のお手伝いをしました。魚類チームでは夏限定の釣り堀の対応を中心に行いました。初めての研修で分からないことばかりでしたが、スタッフのみなさんが優しく、調餌の方法や給餌のテクニックを詳しく教えていただきました。疑問に思ったことはすぐに質問をしたりして、とても充実した2週間でした。
実習先
伊豆・三津シーパラダイス
水族館・ドルフィントレーナー科
埼玉県立与野高等学校 出身
私は、下田海中水族館で研修を行いました。イルカチーム、鰭脚類チーム、魚類チームと水族館の全てのチームを経験することができました。研修では、ショー前のバケツ準備、鰭脚類のショーのサポート、魚類の給餌、イルカのふれあいの補助を行いました。研修では何をすればよいのかを率先して聞くこと、何かあったらすぐに「報告、連絡、相談」することがとても大切だと実感しました。またお客様とのコミュニケーションがとても大切なことを学びました。
実習先
下田海中水族館
水族館・ドルフィントレーナー科
静岡県立伊豆総合高等学校 出身
主なカリキュラム
水槽管理演習 水生生物の飼育環境を整え、飼育繁殖を試み、日常管理の技術を習得します。また、魚類採集なども行います。
海洋環境学 海、山、川など自然環境を理解した上で、人間や動物たちがより良く暮らせる環境保全の保全に観点から学習します。
アクアリウム基礎学 淡水魚・海水魚を飼育する上での生態・水質・器具などの基本的な知識及び飼育管理方法を実践的に学びます。
アクアリウムデザイン 淡水や海水それぞれに生息する水草の環境要因、水槽のレイアウトの知識・技術をアクアショップ・水族館の展示を基に実践的に習得します。
魚類の生理と生態 魚類の進化から、淡水魚、海水魚、分布、生理と生態など、魚類に必要な基本的知識を学習します。
水族館研究 水族館や博物館の歴史と現状、社会における役割や未来に向けての教育活動など、幅広い視野で水族館を学びます。
水棲無脊椎動物概論 主に、クラゲやサンゴ、イソギンチャクなどの無脊椎動物の生理・生態・飼育方法を実践も含めて学習します。
水族繁殖/水族病理 魚介類を増養殖するために卵から稚魚の生産に関する知識など、魚類を飼育する上で疾病について知識とそれを臨床的に治療する方法を学びます。
人と動物の関係学 動物介在活動(AAA)、動物介在療法(AAT)の知識及びイルカでのAAA、AATについて学びます。
サンゴ保全論 日本でもサンゴの生息環境が危ぶまれているなか、未来にサンゴの保全を図る知識や解決方法などを学びます。
トレーニング概論 イルカや海獣類のトレーニングの基礎を、実際に水族館などで行われていることを例を基に学習します。
トレーニング基礎 トレーニング種目完成までのプロセス、ホイッスルを吹くタイミング、ハンドシグナルの方法など、主にイルカのトレーニングで必要な知識を学習します。
海洋哺乳類学 海洋哺乳類の生態や習性、または特有な器官などを理解し、行動の学習理論を観察も含めて学習します。
※カリキュラムについては、常に最新の知識・技術の習得を目的とし、時代のニーズに合わせて一部変更する場合があります。
主な目標資格
  • 潜水士公益財団法人 安全衛生技術試験協会
  • 小型船舶操縦士2級一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会
  • 水上安全法救助員日本赤十字社
  • アクアリウムコーディネーター2・3級 NPO法人 全日本動物技術協会
  • 観賞魚飼育管理士日本観賞魚振興事業組合
  • スクーバダイビングライセンスPADI
  • ビオトープ管理士2級公益財団法人 日本生態系協会
  • 生物分類技能検定3級一般財団法人 自然環境研究センター
  • 環境社会検定(eco検定)東京商工会議所
  • NACS-J自然観察指導員日本自然保護協会
  • ビジネス能力検定3級一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団
  • コンピューターサービス技能評価試験3級ワープロ技士中央職業能力開発協会
  • コンピューターサービス技能評価試験3級表計算技士中央職業能力開発協会
  • その他
研修・実習の様子はこちらから

学校法人タイケン学園
日本ペット&アニマル専門学校

〒175-0093 東京都板橋区赤塚新町3-17-17
TEL:03-3938-8688 FAX:03-5968-5800

アクセス個人情報保護方針

PAGE TOP