2016年2月アーカイブ

先日、板橋区にあるエコポリスセンターにて「いたばし・まちの環境発表会」があり動物飼育科の生徒が
「荒川における生き物/環境調査」の発表をしました。


「タヌキの生息調査と関連する生物」、「外来生物」、「柳につく生物」、「水質調査」、「在来生物」でした。


IMGP9125.jpgIMGP9128.jpgIMGP9130.jpgIMGP9127.jpgIMGP9129.jpgIMGP9126.jpg
成果発表を一般参加者の前で初めてしました。慣れている生徒、緊張している生徒、早口になってしまう生徒、時間内に終わらなかった生徒、様々でした。
IMGP9131.jpg
今回の発表は生徒たちには良い刺激と経験になりました。
また、このような機会があればまた参加をしたいと、生徒たちは言っていました。


IMGP9150.jpg
IMGP9153.jpg
IMGP9163.jpg














2月25日ビオトープ実習の一環で井の頭公園のかいぼり作業の手伝いをしました。

当日は、前日の夜に雪が降りとても寒い日になりました。
井の頭公園池の水が抜かれていて一面泥で覆われていました。
IMGP9121.jpgIMGP9059.jpg
作業は、40~50年前の水草を復活させることを目指します。
IMGP9100.jpg
泥の中70~80センチほど掘りその土をと水草の種を採取します。
IMGP9071.jpg

作業中泥に足がはまったり水が流れてきたりして中々大変でした。
IMGP9114.jpg
見学に来ている地元のおじいちゃんから昔は「泳げたんだよ」「沢山魚がいて」と貴重な話を聞くこともできました。

IMGP9118.jpg
今回の作業で掘った土の中から貴重な水棲植物が発芽することを楽しみにしています。

IMGP9123.jpg
CIMG1780.jpg こんにちは、ペットビューティー・ケア科です。
今回は、全国トリミングコンテストに参加してきました。


CIMG1673.jpg会場は高崎動物専門学校様で行われました。
前日のレセプションパーティーお料理美味しかったです。 ありがとうございます(^^♪


CIMG1717.jpg学校に残っている友達もこんな素敵な応援旗を作ってくれて"力"が湧いてきます。


CIMG1721.jpgCIMG1745.jpg
事前準備開始
少し緊張しているのかな? ワンちゃんだけがカメラ目線...。
午後から本番です。


CIMG1987.jpgCIMG1880.jpg
トリミングは真剣そのもの、時間との勝負。その結果は......?!


CIMG2076.jpg
CIMG2084.jpgなんと最優秀技術賞と優秀技術賞の"W"受賞(^^)/


CIMG2094.jpg
そしてみんなが作ってくれた応援旗も受賞できトリプル受賞となりました。
今年スタートして間もないのにこんな良いことがあって少し怖いです。
しかし、今回の結果は1年間頑張た成果です。
みんなお疲れ様でした。(^^)/



こんにちは!動物飼育科とペットビューティー・ケア科が研修に行ってきたのでご紹介します♪

今回お邪魔したのは埼玉県にある救助犬協会の訓練所!当日はとても暖かく、動くと少し汗ばむほどでした(´д`;;)

救助犬とは災害の際に瓦礫等により行方のわからなくなってしまった人間を探し出してくれるスーパー犬のことです。犬の嗅覚と従順さを利用し、人命を救うお仕事をしてくれます!
家庭の犬とは異なり、失敗が許されない上に瓦礫等で足元が悪い場所での作業になるので、犬にとっても人間にとっても厳しいお仕事だと実感しました。

DSCN9683.jpgレクチャーの様子
(インフルエンザ予防のためマスクマンがいっぱいです↑)


実際に救助犬がどのようにして人間を見つけるのかデモンストレーションも見せていただけました。


DSCN9727.jpg今回はこのシェパードさんが見つけてくれます。↑

DSCN9728.jpgスタッフの方が瓦礫の下に隠れていたようで、頭を瓦礫に入れて鳴いてくれました。
「何かいるよー」

人間の匂いを見つけると周囲を確認するように何度も嗅いで、見つけると吠えて教えてくれます。
家庭の犬だとたくさん鳴くのは困ってしまいますが、救助犬では大きな声でたくさん鳴いてもらわなければなりません。
このこはボールが大好きのようで、見つけた際にボールをもらっていました。
ボールにかぶりつく、かわいい一面も見せてくれました(*^^*)

訓練用にお家があったり、瓦礫の山や車なんかも置いてありました。
瓦礫の下には人間が隠れるためのトンネルや扉がついています。
訓練用の施設も始めて見たので皆興味津々です。(◎_◎)じー

また、PAの生徒探しもお願いしてみました。探してもらえるかドキドキ!
今回は瓦礫ではなく小屋の中に隠れました。

すると、訓練士さんの指示に従い、まずは色々なところを嗅ぎにいきます。
小屋まわりにくると嗅ぐ頻度が増え、様々な角度から匂いをキャッチしているもよう・・・。
風向きによって匂いの強い場所が変わってくるため、扉よりも風下で発見し、吠えていました。


DSCN9713.jpg隠れた生徒を見つけたようです。 「ここにいるよー」


DSCN9716.jpg
無事発見


今回の研修では犬の能力について、また、犬と他の陸上動物の違いや訓練方法、さらに救助訓練の重要性を学ぶことができました。
学んだことを活かし、これからPAの生徒が社会でたくさん活躍してくれることを願います(uωu人)

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。